fc2ブログ

投書



789 名前: マン・オン・ザ・タイトロープ ◆i.G3hnSA8o 04/05/26 23:02 ID:zSjswZTb
ちょっと前に、新聞の投書欄に載ってた男性からの投書で、
これって心霊現象じゃないの?と思った話があった。
携帯電話会社の対応への、怒りの投書だったと記憶する。
一ヶ月ほど前の事なので、ちょっとあいまいな部分があるがスマソ。

着信履歴があったからと、その男性の知り合いから電話があった。
しかし、その男性は掛けた覚えが無い。
発信履歴にも電話を掛けた形跡は無い。
着信時間を聞くと、その時間はバイクに乗ってたから物理的に
電話は掛けられないと書いていた。

話はそれだけで終わらない。
不可解な現象が、男性の妻にも起こった。
ある日、やはり男性(旦那)から着信があり、数秒間通話したと言う。
だが、終始無言だったから、何の用件だったのかと尋ねられた。
その時も、やはり男性は電話もしていないし、発信履歴も残って
いなかったそうだ。

最後にその男性は、携帯電話会社に連絡して、
「第3者が自分の電話番号を使い電話している」
と、クレームを付けたが、在り得ないと言われた。
だが実際起こってる。
携帯電話会社の対応はけしからん。

確かこんな内容だったと思う。
投書を見た時、このスレが頭に浮かび、機会があれば書き込もうと心に誓った、
爽やかな朝の日差しが眩しい、ある日曜日の出来事でした。お終い!


関連記事
2017-11-05 10:02 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム