fc2ブログ

棺おけ


213 棺桶1 04/12/05 13:34:11 ID:8H4468Lw
友達のおじさんから聞いた話です。
おじさんが子供の頃の話なのです。おじさんは青森の田舎に住んでいました。
ある日、隣の家のお爺さんが亡くなったそうです。
おじさんの方からは特に親しくしなかったそうですが、お爺さんの方からは、おじさんを可愛がってくれたそうです。
おじさんは、その日出掛けていたため、家に帰ってから隣のお爺さんが亡くなったことを聞いたそうです。

当時はまだ土葬だったそうです。棺は外国みたいな長い形ではなく、酒樽みたいな形だったので膝を抱えるように(体育座り)して
棺桶に入れるそうです。おじさんは子供だったので怖くて棺桶を見に行かなかったそうです。


215 棺桶2 04/12/05 13:41:29 ID:8H4468Lw
その日の夜、おじさんは中々寝付けず、ふと天井を見た時です。
その亡くなったお爺さんが、棺桶に入れられている時と同じように
膝を曲げて白い着物を着た格好で天井に浮いていておじさんのことをジーっと見ていたそうです。
余りの怖さに布団を被って震えていたらいつの間にか寝てしまい朝になっていたそうです。
関連記事
2017-12-16 10:19 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム