fc2ブログ

AのHP


400 本当にあった怖い名無し sage 05/01/23 13:08:38 ID:Wf+mW8yW0
結構前の話。

その時俺は絵を描くのが趣味で、HPとかも持っていた。
そんでまあ、同じように絵を描くのが趣味な人との交流を楽しんでいたわけだ。
ある日、ネットで同い年の知り合いのAの絵描きサイトが閉鎖されていた。
閉鎖するならせめて一言位連絡入れてくれてもいいのにな…と思いもしたが、
まあ、何か事情があったんだろうな、と思って割り切る事にした。

数ヵ月後、自分のHPのリンクを整理していたら、そのサイトのリンクが残っていた。
何気なくそこへ飛んでみたら、AのHPが復活していた。
あれ?ここ閉鎖したんじゃなかったっけ?
と思って中身を見ていたら、日記に洒落にならない事が書いてあった。

うつ病で首吊って自殺未遂

Aは不登校やらリストカットやらオーバードーズやら色々と精神的に病んでいた様で、
HPを復活させたのも欝が治ったからではなく、闘病の一環としてやっていたのだろう。多分。
俺がAに出来た事と言うと大したことは無いんだが、
少しでも力になれればと思ってちょくちょく話し相手になっていた。
最初の頃はやばそうだったが、時が経つにつれてAも大分良くなってきていたように見えた。
俺はと言うと、その時高校3年生、つまりバリバリの受験生だったので、
夏が過ぎた辺りからはほとんどネットに繋がなくなっていた。
その頃にはAも大分落ち着いてきていたし、もう大丈夫だろうと安心していた。
俺は受験に専念し、大学に合格する事が出来た。
合格して落ち着いたところで、久しぶりにAのHPに行くと、Aも引きこもるのを止め、専門学校に行く事にしたらしい。
「一緒に新生活頑張りましょ」
「新生活は不安ですがドキドキします」
とかAも色々言ってたんだよ。だからまあ俺も喜んでた訳だが。

401 400 sage 05/01/23 13:09:27 ID:Wf+mW8yW0
んで、学校の始まる手前、急にAのHPの更新が途絶えた。
3月末に俺のHPのお絵かき掲示板に絵を描いて以来、何の音沙汰も無い。
常識的に考えて、単に忙しくて更新できないだけだろう。
とは思ったが、前に自殺未遂した事もあったし、何となく嫌な予感がした。
入学式のシーズンが過ぎた辺りで、久しぶりにAのHPの日記が更新してあった。
内容は入学式について。
日記の文章が少し変だったが、嫌な予感ってのは思い過ごしかと思い、
Aの掲示板に俺の方の入学式の内容を軽く書き込んだ。
そこから一ヶ月位、AのHPは更新されなかった。
掲示板も放置されていて、俺の書き込みに対するレスも無かった。
妙だな~と思っていたある日、AのHPで久しぶりに日記の更新があった。

私はAの父親です。
3月●●日、Aは他界しました。

( д)  ゜゜
最初は手の込んだ嘘かと思ったが、本当のようだった。
その事に呆然としている時、ふと●●日と言う日付に引っかかる物があった。
自分のHPのお絵かき掲示板を見ると、Aが俺のHPで、最後に描いた絵がすぐ見つかった。
日付を見ると、●●日の前日の午後9時頃。
…もしかして、死ぬ直前にかいた絵?
Aは俺に対する別れの挨拶のつもりで絵を描いたのだろうか。
すぐにレス付けておけば最後に話が出来たかもしれない。
もしかするとAを止められたかもしれない。
Aが死んでからそろそろ1年近く経つが、
今もふと、あの時ああしていれば…と考え込む事がある。

402 400 sage 05/01/23 13:10:22 ID:Wf+mW8yW0
ここまでなら純粋に悲しい思い出だったのだが…。
この話はもう少し続きがある。
何で3月に亡くなったはずのAのHPが、4月に更新されてたかと言うと、
Aが死ぬ前に机の上にHPのパスワードを書いた紙を残しておいたようで、
つまり4月以降に書いた日記は父親が書いていたという事だ。
俺は↑で言ったように、Aが亡くなった後で掲示板に書き込んだんだが、
「俺も入学式行ってきましたよ。(中略)では、お互い新生活頑張りましょう」
これを子供を亡くしたばかりで、悲しんでいる親に言っていたと言う訳で…。

何 や っ て ん の 俺 ('A`)

体験した事をただ書いてるだけだから、他人にとってはオカルトでも怖くも面白くも無い話だが、
「俺にとっては」死にたくなるほど洒落にならない話です。

こんな話長々としてすまん。
関連記事
2017-12-21 20:30 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム