FC2ブログ

ダムの底を探検




ダム湖の水位が下がり、いくつかの建物が、
その姿を現していると聞かされた。
話の流れで、ダムの底を探検しようという話になった。
無論、いけないことと知った上でのことだ。

あまり、人目に立たぬ方が良い。
前夜から出かけ、干上がったダムを見下ろしながら
朝を待った。

空が明るくなる頃、ダムの底へ足を着いた。
表面は固く乾き、ひび割れの縁がめくれ上がっていた。
どぶ泥特有の悪臭はあったが、思っていたほどではない。

濃い朝もやがダムに沈み、ダムを巡る道路からの視界を
遮っているのも、少々気が引けている俺たちには好都合だ。

道路から外れると、何があるか分からない。
かつてのガードレールを目印にし、スキーのストックで
地面を突きながら、慎重に進んだ。

交番らしい小さな四角い建物。
崩れかかった木造の大きな建物は、学校だろうか。
道路をふさぐように倒れた柱は、よく見ると鳥居だった。
地面には、最近のものらしい足跡が、いくつかあった。

コンクリート製の、小さな建物の引き戸が外れている。
窓は無く、何かの備蓄倉庫だと思われた。

それが焼けているようだと言い出したのは、
消防署に勤務する男だ。
彼によれば、火災で焼けたようだという。
長いこと水に浸かっていても、そうした跡は消えないらしい。
そして、火災による熱で変形した、鉄製の引き戸。
戸口から中を覗き、目に付いたのは花束。
花屋で作らせたと一目で分かる花束だ。
置かれて、まだ数日しか経っていないように見える。
火事で誰かが死に、その遺族が訪ねて来たのだと思いながら、
暗く、四角い倉庫の内部を見回した。

床には、泥が薄く積もっている。
そして、骨。
乾いて縮んだ泥の表面、原野の化石のように
浮かび上がっているのは、何かの骨だ。
抱えなければ持てないほど大きなものがあり、
指先に乗るほどに小さなものもある。
少しばかり、などという量ではない。
小さな小屋の内部を、上から下まで、大小の生物で
充満させたと思えるほどの量がある。

火災はきっと、人為的なものだ。
その思いつきで、ダムの底を探検する気など、失せた。

その場から引き返したが、朝もやは薄くなり、
振り返ると、小屋はいつまでも見え続けていた。
妙に不快で、いつまでも心に残る光景だった。


関連記事
2018-10-29 20:45 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム