FC2ブログ

廃墟のおじさん




ある日、あるカップル2組で、山奥にある廃墟へ歩いていました。
ある程度歩き、少し休憩していると、

カサカサ・・・

という音がしました。
最初はびっくりしましたが、「動物か何かだろう。」と
深く考えていませんでした。

数分歩いたとき、
目の前に大きな大木が倒れていて、道をふさいでいました。
「来るな」というような警告のように思えたのですが、
廃墟の外だけ見て帰ろうということに・・・。
それからやっと廃墟に着き、入り口まで近寄りました。
「よし、帰ろう。」
そして、帰ろうとして廃墟に背を向けた瞬間、
「おい、お前ら何やってんだ!」と、いう声が・・・
振り返ると、そこには作業着姿のおじさんがいました。
一人が事情を説明すると、「なんだ、そうだったのか。」
と納得してくれました。
「おじさんは何をやってるんですか?」と、聞くと、
「俺もお前らと同じような事やってた。中は何も無いから、大丈夫だよ。」
と、安心感を与えてくれる言葉をくれました。
そしておじさんは最後にこう言い残し、立ち去っていきました。
「後はお前らに任せた。元気でな。」
安心した彼らは、廃墟に足を踏み入れました。
おじさんに「何もなかった」と言われ、安心はしていましたが、
やはり中は不気味でした。
そして一番奥の部屋にたどり着いたとき、
一人がキャー!!!!!と、大声で叫びました。
そこで、さっきのおじさんが首を吊って亡くなっていました。



関連記事
2018-11-08 19:18 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム