障害物

330 あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/03/04 13:19
知人が2人で山に入ったときの話、
北アルプスの登山道の一部で手彫りのトンネル
みたいな箇所があって、途中曲がりながら進むため、真っ暗な箇所があるらしい
当然懐中電灯で中に進んでいくんだが、その人の懐中電灯がフッと曲がり角のところで消えた
むろん視界は聞かなくて真っ暗な中、手探りでいくことになる

右手を岩肌に当てて、左手を障害物がないか
進む方向を模索しながら進む
すると「グニュ」と左手で何かを掴んだ
中央が突起していて両側がふくらんでいるただじめっとしているが、触感はゴムまりのようだった。
するとそのゴムまりのようなものは中央に寄って隆起してきた
「ぎゃーーーー!!」と絶叫して岩にぶつかりながらそいつは来た方向に走り出した
当然後を追うように仲間も走り出す

結構長いトンネルなんで必死で逃げた末、アザだらけになって入り口まで戻った
 「・・おい!なんで急に逃げるんだよ!」
 「ひ、ひ、人の顔があったんだ!
  それが笑ったんだ!!」

関連記事
2016-12-19 15:35 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム