年寄り



328 名前:  投稿日:01/09/23 17:15
夏の暑い日、試験勉強をしていたオレは
息抜きの散歩と空腹を満たすために
5分ぐらい離れたコンビニまで歩いていた。
たしか夜中の3時過ぎだったと思う。
街灯の明かりもまばらで周りは真っ暗だった。
もちろん周りには人っ子一人いない。
不意に聞こえるカラスの鳴き声がいやだなぁと
思って歩いていた。

ふとみると真っ暗な道を前からだれか人が歩いてくる。
しかも壊れてオンオフを繰り返す街灯が
照らす影をみると1Mぐらいしか身長がない。
子供か?と思った途端すごく怖くなった。
この時間子供が独りで歩いているなんて
考えられなかったからだ。
やばいと思いつつも、なぜか怖がっていることが悟られないように
平静を装った。
その人影が近づいてくる。
それは子供ではなく腰が六十度ぐらい曲がった
おばぁさんだった。
おばあさんは緊張でぎくしゃく歩いているオレを
無視して無表情で通りすぎていった。
それはそれで怖かったが、年寄は朝が早いから
散歩をしていたんだなと自分自身に言い聞かせた。

「なんだよ。びびらすなよ」と思って後ろを振り返ると
通り過ぎていったと思ったおばあさんが
オレの真後ろにいた。
そしてオレの目を見てニヤと笑った。
オレは怖くて怖くてその場から必死で逃げ出した。
逃げ出したオレを見たおばあさんは「逃げるなぁー!!」と
信じられないくらいの声で叫んでいた。

もう霊とか実物とかなんてのはどうでもいい。
とにかく怖かった。

小学生の作文みたいでスマン。

330 名前:↑ 投稿日:01/09/24 00:13
まさに小学生の作文の見本だな
家に年寄り同居してたら夜中にそんな事いくらでもあるぞ。

331 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/09/24 01:23
>330
あるね。夜中起きたら枕元に正座してたり。
関連記事
2017-04-21 10:09 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム