中古の文庫本



249 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/12/08 19:59
私の体験談なんですが。
数年前、古本屋でホラー小説の文庫本を買いました。
で、表紙をめくると髪の毛が2本、挟まってるんですよ。
最初は特に気にしなかったのですが、その後、数ページごとに決まって髪の毛
が2本ずつ挟まってました。
どの髪の毛も必ず小さなカサブタ状のもの(巨大なフケ?)が付いてました。

小説の内容よりもその文庫本そのものが怖かったです。
ちゃんと最後まで読んだけど。
ちなみに本は「ファンハウス」のノベライズでした。
著者はD・クーンツ。

256 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/12/09 15:58
>249
そういや工房の頃の友達がすごい天然パーマで、
しかも本読みながら髪をぶちぶち切る癖があった。
その子に本貸すと必ずマン●みたいな毛が挟まって返ってきたなあ…。
それとは別の話だが、地元の図書館で本を借りたら、
鼻毛かまゆ毛のような短くて太い毛が数本毎ページに張り付けられてた。
すごいイヤだったけど頑張って読んでたら、
あるページを開いたらおびただしい数のその毛が整然と並んでて、
思わず母親に泣きついて図書館に返してもらった。
でもその後、その有り様をみつけた司書さんが、
犯人を私だと勘違いしないかと心配でたまらなかったうら若き乙女の頃…。
関連記事
2017-04-28 20:17 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム