仕方がなかった



69 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/03/18 04:52
大学時代の友人の話です。

大学に合格してアパートで一人暮らしすることになりました。
引越しを終えて深夜、部屋でテレビを見ながら一服していると、壁越しからボソボソと声が聞こえたそうです。
テレビの音量を絞って耳を澄ましてみると…

「仕方なかったのよ…仕方なかったのよ…」

泣きしゃがれた女性の声で繰り返し聞こえてきます。
隣の部屋の女、電話で男と別れ話かなんかしてるんだな。
友人はさほど気に留めずにその日はそのまま眠りました。

次の日です。

深夜、雑誌を読みながら煙草を吸っていると、
隣の部屋からまた女のボソボソつぶやく声が聞こえてきます。

「仕方がなかったのよ…仕方がなかったのよ…」

初日は引越しで疲れていた事もあり、気にせずに居られたのですが、
二日続くと鬱陶しく感じ、文句でも言いに行ってやろうと思ったそうです。
しかし、引越しの挨拶もまだ行っていないのに、
いきなり怒鳴り込むのも大人気ないと考えた友人は、翌日、大家に苦情を言いに行きました。
大家から返ってきた言葉は意外なものでした。

「隣の部屋は誰も住んでませんよ」

え?友人はそんな筈は無いと何度も聞いたのですが、返ってくる答えは誰も住んでいないの一点張り。
あまりしつこく聞いて頭のおかしい奴だと思われるのも嫌なので、友人は引き下がりました。

その日の深夜。
何故か女のボソボソ声は消え、
友人は俺の聞き間違えか何かだったのかな?
と近くのコンビニに夜食の買出しに出掛けようと廊下に出ました。
そのときフト、隣の部屋を見ると昨日まで無かった盛り塩がドアの前に供えられているのです。

怖くなった友人はそのまま別の友人のアパートへ逃げ、
結局、その部屋へはほとんど戻ることが無くなり、
三ヶ月ほどで部屋を引き払って、別の友人宅で居候生活をすることになりました。

結局、あの声の主は分からず仕舞いです。
一体、何が「仕方なかった」のでしょうか…?
関連記事
2017-05-15 20:25 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム