3人の男



291 名前:麻布321456 投稿日:02/06/03 23:09
男はあせっていた、時間がない。
「なんで起してくれなかったんだよ~」とぼやきながら走った。
ひとの流れを縫うように・・・。

男は幸せだった。かわいい息子はまだ2つ、女房はいまだ恋人気分。
久しぶりの休み、今日はお出かけ。
ベビーカーから子供を下ろし歩道橋を上がる。
息子は車が大好きだ、肩車で高い高いがお気に入り。
「気を付けてよ!」「ほ~ら高いだろ」

男はイライラしていた。今日はやけに信号につかまる。
煙草を何本すっただろうか、早くこの荷物を降ろして次ぎへ・・。
「チェ、また赤かよ~」

男は歩道橋を駆け上がった、駅はすぐそこ。足がもつれた。
男は肩車をしながら一瞬気配を感じて振り向いた。
走る男はバランスを保てなかった。肩が男の腹に当たった。
その瞬間、肩車の男もバランスを失しない手が緩んだ。
悲鳴が上がった。
子供は歩道橋を越えて重力のなるがままにその高さから落下した。

信号待からいきよいよく飛び出した車の男は一瞬なにかを見た。
間に合わなかった、急ブレーキとともに悲鳴が錯綜した。
車の男は目の前が全て真っ暗になった。免許がなかった。

そして同時に3つの家族が崩壊した。


普通の生活にありえるふつうの話。どうでもいいのでsage

関連記事
2017-05-24 15:20 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム