走り出した車



496 名前:496 投稿日:02/06/27 03:55
   走り出した車

 小学2年生の時、父の運転で私達は、ピクニックへ行きました。
 目的地は、草原の広がる水源地です。
 両親は目的地の近くで車を止め、「ちょっと待っててね」と言い、出て行きました。
 茸の様子を、見に行ったのです。
 その間、私と妹は車の中で、両親が戻ってくるのを待っていました。
 でも暇な私は、車に興味を持っていたので、運転席に移動したのです。
 そして私は、妹が止めるのも無視し、ハンドルを動かしてみました。
 すると、突然に車が動き出したのです。
 慌てた私は、何とか車を止めようとしました。
 でも幼い私には、車を止める術を知りません。
 そもそも体の小さかった私には、アクセルやブレーキに足が届かなかったと思います。
 妹は、恐怖のあまり悲鳴を上げていました。
 私は泣き叫びながら、ただ闇雲にハンドルを動かす事しか出来ません。
 その時、車の中に、両親の叫び声が聞こえたのです。
 振り向いて後ろを見ると、両親が必死に車を追いかけていました。
 しかし、なかなか車に追い付く事が出来ずにいます。
 その時、「シートベルトを締めなさい」と、誰かの声が聞こえました。
 そして、いつの間にか私は、シートベルトを締めていたのです。
 妹の座席からも、シートベルトを締める音が聞こえました。
 するとその時、急に車が止まったのです。
 まるで、誰かが急ブレーキをかけてくれたかのように・・・。
 「そう言えば、あの時の声って、お婆ちゃんの声だよね」
 車が止まった後、妹が私にそう呟きました。
 しばらくすると、父が車に追い付き「よかった」と言いながら、私達の無事を喜んでいます。
 そんな父に、私はハンドルを動かした事を告げました。
 すると父は、不思議そうな顔をして、こう言うのです。
 「エンジンも動いていない車が、なぜ走り出したんだろう」
 「坂道でもないのに・・・」
関連記事
2017-05-27 10:23 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム