検問



893 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/08/01 13:04
私が学生時代のお話です。

夏休みに、サークルの仲間でキャンプに行く事になりました。いわゆる学生の貧乏
旅行でした。お金が無いので高速代をケチり夜中に出発し、道の混まない朝のうち
に現地に到着する予定で車3台に分乗し出発しました。

やはり夜中なので普段渋滞している道も、殆ど車も無く3台連なって目的地に向か
いました。最初の内は大きな幹線道路を走っていたのですが目的地に近づくに連れ
寂れた田舎の山道になっていきました。その山道を一山、二山を越え、いよいよ
目的地近くになりました。後は、この山道をくだれば目的地に到着です。

下りの道の中腹ある古ぼけたトンネルに入った時に、トンネルの中程で前を走って
いる2台が、急に停車しました。時間は午前3時47分でこのままで行くと予定よ
りかなり早く着いてしまうかも知れないと思いながら助手席で地図を見ていた私は、
運転しているAに「どうしたの?急に止まって」と聞いてみました。Aは、
「あれだよ。」と指差ししました。何やら警官が一人で検問を行っているました。
「どうしてこんな時間に検問なんかしているんだろう。何かあったのかな?」
「もしかして殺人事件でもあったりして」とか言って、Aとふざけていました。

その声を聞いて、後席で寝ていたB子とC子も目を覚ましました。
停車してしばらくすると1台目が終わり、2台目の検問をしていた時です。後に座っている
B子の様子がどうも変です。まるで何かに怯えているかの様に落ち着かない様子でブルブル
と明らかに震えています。普段から、物静かで感情をあまり表面に表さない性格の彼女が
今日は明らかに変です。C子がそれに気付きなだめようとしているが、自分もB子の事が
心配になり、声をかけてみました。
「B子ちゃん、大丈夫か?」
そうすると彼女は、蚊の鳴くような声で、何かしきりに呟いています。
「あの警官、ふ、普通じゃない・・・。こっ、この世の人とじゃない・・・。」
C子がしきりになだめています。そうするとAが
「えっ、何?、普通じゃないって、そしたら幽霊ということか」
と言いながら、いたずらそうに笑いました。


894 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/08/01 13:05
いよいよ2台目の検問が終わり、いよいよ私たちの番になりました。警官は笑顔で、
「どうもすいません。近くでひき逃げ事件がありまして、只今検問をしてる所なん
ですけど、何か不信な車を見かけたりしませんでしたか?」
Aは、自分たちはキャンプに行く途中で、特に変わった車等は見かけていないと
言うことを説明しました。その間、B子は押し黙ったまま震えています。
「そうですか、ご協力ありがとうございました。」と警官が言い、私たちの検問が
終わりました。そして、車を発進させようとサイドブレーキを戻しながら、
別れ際にAが「成仏せえよ。」と警官に言いました。そうすると警官が、ニッタリ
笑いながら消えていきました。

その後、キャンプ場の近所の人に聞いた所、昔そのトンネルで、検問中に警官が、
ひき逃げに遭い亡くなったいるそうで、夜な夜なそのトンネルに出没し、自分を
ひき逃げた犯人を探しているそうです。
関連記事
2017-06-02 20:21 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム