深夜の学校



258 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/08/07 04:17
私が中学生の時の話です。
夜の10時くらいに親と喧嘩をして、思わず家を飛び出しました。
行く当てのない私は、今思うとなぜ?と言うような学校に行来ました。
校舎とは少し離れた所に有るプレハブの美術室の外に座って
親との喧嘩の事を考えていると、「かさ かさ かさ」と言う
音が聞こえてくるんです。誰かが歩いているような。
でも、人間の足音にしては軽すぎるんです。

その音がだんだん近付いて来てるので、恐くなってその場を離れ校舎の中に入りました。
三階にある自分の教室に入り、電気をつけ机に顔をうずめていると
いつの間にか寝てしまったらしく、黒板の上にある時計は
夜中の2時をさしていました。
真夏で窓を開けていたためものすごい量の蚊にくわれて
足首が真っ赤に腫れていました。
このままここにいてもしょうがないので家に帰ろうと
立ち上がった時、左の窓の1部に女の子が写ってるのが見えるんです。
自分の姿が窓に写ってるんだろうと思って動いてみたけど
その窓の子は動かないんです。
その時は恐いという意識はなくそのまま1階まで降り
玄関から出ようとしたらカギが閉まっていて出れないんです。
仕方なく窓から外に出たのですが、その時に体育館の方で
バスケットをやってる音が聞こえてきました。
「ああ、夜まで部活やってるなんて大変だな。」と思ったんですが
後で考えると夜中の2時にやってませんよね・・・。
次の日学校に来ると、壁に原爆写真がたくさん貼ってありました。
昨日の夜中はそれにまったく気付きませんでしたが・・。

関連記事
2017-06-08 20:41 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム