事故現場



341 名前:341 投稿日:02/10/31 00:06
ある夜、友人とドライブしていました。

国道から山道を通り、その山道を抜け
山を下りたら別の道を通って帰る、そういう計画でした。

カーステレオをつけ、つまらない会話をしながら、
渋滞のない夜の国道を走っていました。
しばらく走ると、前を走っていた車が急に速度をゆるめました。
私たちは鬱陶しいと思いながらもゆるゆるした流れに乗っていました。
窓から顔を出し前の様子を伺ってみると、
パトカーのサイレンが見えてきました。
どうやら、事故があったらしく、そのため小さな渋滞を引き起こしているようです。

342 名前:341 投稿日:02/10/31 00:07
徐々にその事故現場に近づいてきた私たちは、
その先に原形を留めない車を見ました。
その車は車体をこちら側に向けていました。
おそらく対向車線から中央分離帯の植え込みに激突し、その勢いで、
こちらの斜線に飛び出してきたのだと考えられます。
「無茶なスピードを出してつっこんだんだろうな。」
そう友人が言いました。
ただ、私はそれを十分に肯定することは出来ませんでした。
なぜならそこは直線で、
ほぼ横向きの角度でつっこむのは不自然だと思われたからです。

343 名前:341 投稿日:02/10/31 00:08
酔っぱらい運転だとか、居眠り運転だと考えてもあまり合点はいきませんでしたが、
とりあえず納得して、その現場を通り過ぎようとしました。
現場の真横に来た時でした。
急に寒気を覚えたのです。
そして、その瞬間女の低い呻き声が聞こえました・・・・




「あんたらもな」

344 名前:341 投稿日:02/10/31 00:14

私たちが途中でドライブを切り上げたのは言うまでもありません。

翌日新聞を見ると、
事故を引き起こしたのは大学生の男性ドライバーで、
助手席に同乗していた友人の男性と共に
即死だったそうです。
結局女の声との関係はわかっていませんが、
私たちがあのままドライブを続けていたらと思うとぞっとします。

いや、実はまだこの先何かが起こるのかもしれません。
関連記事
2017-07-03 15:04 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム