夢の中の戦士



86 名前:BEAR 投稿日:03/02/18 21:52
できますた。

『ちっ!』
今日も覚めてしまった。ダメだ、あいつにはどうしても勝てない…。
俺が最近ハマッているのは、夢の中で戦う事。
しかしこれは誰もができるわけではなく、気がついたら俺はできるようになっていた。
この世界で、夢の中で戦える戦士は、たった5人だけだ。それは、ごく普通のサラリーマン、
おしゃべりそうな主婦、よぼよぼの爺さん、小学2年くらいの小さい子供、そして高校生の俺、と、年齢層はかなり幅広い。
さっき、『夢の中で戦う』と言ったが、具体的に言うと、最後まで夢に残っていられた人が勝
ちみたいな感じで、つまり相手を夢から覚めさせるのがこのゲームの醍醐味だ。で、方法は様々だ。
何しろ、これが夢だと自覚しているなら、自分の出したい物が念じればすぐ出てきたりなど、
完璧に自分の思い通りになるから、人によってその方法は様々だ。さて、また夜がやってきた。
俺は、いつもの対戦時間に遅刻しないように、夜6時半に寝た。

………今日のステージは…公園か。ブランコにはすでに戦士の一人、よぼよぼの爺さんが座っていた。
『あと5分だって言うのに、全く若いもんはけしからん!』爺さんは僕にそうグチを叩いて、ブランコをこぎ始めた。
2分前になって、主婦と小学生が来た。だがサラリーマンはまだ来ない。まあ、いつもの事だがな。
まあいい、来たら一瞬で『血祭り』にあげてやるかな、なんてね。
『あと30秒だぞ!』爺さんがそう叫ぶと、サラリーマンはすぐ現れた。
『スイマセン、飲みに行こうって誘われたの、断るのに手こずって…』
『言い訳はいいよ、んじゃ、始めよう!』
小学生がそう言うと、手元の時計は7時になった。
『スタート!』          つづく



88 名前:BEAR 投稿日:03/02/18 21:53
みんなはすぐさま戦闘体勢になった。
そして早くも小学生が、得意のしゃぼん玉をくり出してきた。
あれは、一見普通のしゃぼん玉に見えるが、割れると鼓膜を破るようなスゴい音がして、分かっていても覚めてしまう、強い技だ。一回、自分で自滅した事もあったしな…。そしてそのしゃぼん玉が割れた。
『パアアアン!』
その音で、主婦が悔しそうな顔で消えた。主婦が持つ、得意の包丁でビビらせ攻撃も、今日は使えずじまいってわけか。
僕は少し笑みを浮かべた。小学生は、相変わらず冷静である。そして、サラリーマンがニヤリと微笑んだ。
来るか…!?と思ったら、サラリーマンが消えた。いつの間に…誰が攻撃したんだ?僕はみんなを見た。
しかし、みんなも俺と同じように、まわりをキョロキョロと見回している。夢の中で戦えるのはこの5人だけのはず…。
と思った瞬間、
『助けてくれえ!』サラリーマンの、空気を裂くような痛々しい叫び声。
何だ、まだ覚めてなかったのか。新種の技か何か知らんが、俺はそんな技には引っかからん!そう思った
時、何かが上から降ってきた。『ドサッ!』それは、サラリーマンの血だらけの死体だった。
そのサラリーマンには顔が無く、のっぺらぼうの様に、目、鼻、口などがきれいには
ぎ取られて、その部分からは、絶えず鮮血が吹き出ていた。
『うわあああ!』
小学生は、その血だらけの死体のあまりのグロテスクさに、ビビって泣きながら消えていった。しかし、俺はだまされない。
あれは、おそらくあの爺さんの新しい技だ。ほら見ろ、笑ってる。ちきしょう、ガキ相手に、こんな残酷な手を使いやがって…。
今日は何としても『血祭りにあげて、無様をさらす』ぞ!と思った瞬間、今度は爺さん本人が消えた。
ん?爺さん、消える一瞬顔が青…いや、そんなのどうでもいい。今度は何が来るのか…
さっきは少しビビって覚めそうになったが、次は心構えは充分できている。さあ、いつでも来い!                 



90 名前:BEAR 投稿日:03/02/18 21:54
その瞬間、辺りの風がピタッと止んだ。と思ったら、いつの間にかそこには、血だらけの
変わり果てた爺さんの無様な変死体が、ケタケタと笑いながら舞い踊っていた。
妙に目がキョロキョロしてて、以前の爺さんの頑固な面影は少しも無い。
そして、不気味ながらも、しばらくその爺さんを見ていた。
すると、急に爺さんの首がいきなり凄い勢いで180度こっちに曲がり、その半分取れそうな目で『ギョロッ』と俺を見てきたのだ。
そして、体が小刻みに揺れたと思ったら、爺さんの目玉がこっちに飛んできた!
『うわああああ!』俺は夢から離脱せざるを得なかった。
『…やられた』
俺は今までの戦いの中で一番悔しかった。あのままいけば勝てたのに!
あの爺さんは、いったいどこまで卑怯な手を使うんだ?あの夢の爺さんの姿は、間違いなく俺をビビらせ
てリタイアさせる技だ!そうに決まってる。でなければ…いや、有り得ない。俺は一瞬嫌な想像をした。
そして、悔しがりながらも、仕方なく今日一日、つまらない現実の世界を過ごすことにした。
そして学校から帰り、メシを適当に食った。風呂に入っている時も、ずっとあの爺さんを負かす事だけを考えていた。
そして、風呂から上がり、時間がやってきた。今日こそ、あの爺さんを負かしてやる!……そして夢に入る。
……今日は…デパート?何でこんな場所で…あれ?爺さんがいない…いつもは早いはずな
のに…サラリーマンはいつもギリギリだから良いとして、爺さんが遅いのは珍しいな…。
全くこういう時に限ってムカつくな…。そして主婦と小学生が同時に現れた。二人とも何
故か俺を見ておびえている。まあ良い、負かしやすくなっただけで、何の問題も無いし
な!…しかしあとの二人とも遅いな。サラリーマンはまあいつもここらへんで来るけど、
爺さんは異常に遅い。今までこんな遅くまで来ない事は…。不思議に思いながらも、つい
に時間になってしまった。
ちっ、あの爺さんを負かしたかったのに、つまんないな。まあいいや、この弱いメンバー
なら、一瞬で『ねじ伏せて』多分久しぶりの勝利が飾れるな!
つづく


92 名前:BEAR 投稿日:03/02/18 21:54
『スタート!』
の合図と共に二人はスッと消えた。………え?俺はまだ何にもしてない…おかしい!絶対
おかしい!昨日といい、今日といい…いや、待てよ!これも実は主婦や小学生の技だった
りして…。と思った時、デパートは一気に暗くなった。しまった、油断するな!俺!と、
自分に言い聞かせて警戒心を強めた。するとまた電気がついた。
え…?…主婦と小学生は、体が有り得ない程ぐにゃっとねじれて死んでいた。……ダメ
だ、ちきしょう!だまされるな!これは…罠だ!みんな、最近強くなってきた俺を集中狙
いして、こんな芝居を…何でみんなこんな戦い方を…俺は嫌なんだよ!勝てばいいとか言
う考え方は…なのにみんなは…。俺は意識が薄れかけていた。すると、デパートの天井か
らアナウンスが聞こえた。
『よくやりました!今回の優勝者はあなたです!おめでとうございます!』
え…?俺が優勝者…?そんなはずは…だってこのねじれた二人はまだここから消えて…ま
あいい、とりあえず俺は勝ったんだ!この長い戦い、ようやく制したんだ!何か不自然だ
けど、とりあえず勝ったならそれでいい!俺は、すごい優越感に浸っていた。そして夢か
ら覚めた。                つづく


93 名前:BEAR 投稿日:03/02/18 21:55
『俺…勝ったんだ』現実の世界でも、この喜びを噛みしめる事ができた。みんなに今まで
散々卑怯な手を使われたてきたが、俺はそれに耐えたんだ!へっ!あの4人め!ざまあみ
ろ…!
あれ?何か大きい箱がある。赤くてすごく大きい箱だ。貼ってある紙を見ると、
『優勝おめでとうございます。あなたの戦利品です。』
と書いてあった。………戦利品?…まさか…!俺はすぐさまその箱を開けた。
何とその中には、かつて夢で戦っていた4人の無惨な死体がぎゅうぎゅうに詰め込まれて
いた。そしてそこにも一枚の紙があった。そこには
『血祭り』
『血祭りにあげて無様をさらす』
『ねじ伏せる』と、何か覚えのある言葉が…。俺はやっと気付いた。
『うわあああ!』俺は怖くてすぐさま箱を閉めた。その時、箱の中から最後何かが聞こえ
たような気がした。

『お前も血祭りだ』

…逃げるつもりは無い。望むところだ。今日の夜に殺られるのは、もう分かっている。だ
からこそ、俺は、戦うのだ。
そして…夜が来た。

END
関連記事
2017-08-05 10:14 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム