のっぺらぼう

75 本当にあった怖い名無し 2011/09/17(土) 19:16:16.74 ID:+ibun2PB0

1年前、中々寝れなくて何となく寝室の扉を見たら
着物を着たのっぺらぼうが居た。

「(その内、居なくなるだろう)」と思い

寝ようとしたら急に頭の中に映像が流れる。

その映像には若い男女二人が仲良さそうに話していた
女の人が頭に笠をかぶっているから江戸時代あたりだろう。

話を終えた二人が「さようなら」と告げた瞬間に
男の人は馬車に轢かれた。女の人はその人を泣きながら
「起きて!起きて!」と体を揺さぶる。

しかし、男の人は即死。
女の人はそこから走った

遠く遠くへ・・・そして崖に着く
崖についたら下に海がある海へ向かって飛び降り沈んだ


そこで映像は終わった。

寝室の扉をみたら、のっぺらぼうは居ない
でも、私はなんとなく思った。

随分前に昼寝をしようとしたら
水に溺れた感覚になり苦しくて死にそうになった時があった事。

あの、のっぺらぼうは私に何を伝えたかったんだろう・・・。
そして映像中、意識があった私は鮮明に覚えている。

関連記事
2017-01-05 10:13 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム