fc2ブログ

六甲山へ向かう途中

745 名前:不思議体験 投稿日:03/11/30 21:57
うちの相方の卒業旅行で、一緒に三月に関西に遊びに行ったときの話しです。

道頓堀で夜らーめん食べて、夜景きれいらしいから、六甲山車でいってみようてことに。
ナビをなんたら展望台にセットして、車を走らせていました。
自分車がインプレッサで4駆をいいことと、関西がまだ寒いてことを知らない無知で
スタッドレスじゃなく普通のタイヤで関東からきていたんです。
車の外気温の温度表示が-2度や確か山に登るふもとの看板にも凍結注意みたいなこと
かかれていたんで、ゆっくりと走らせていました。

そんで不思議なことにナビがバグって、今までと全く違う道を示したんだよね。
道路の看板は展望台左(確か記憶では)なのに右を示すんだよね・・。
みんな車明るい左側いくんだけど、しかたなく右に走らせていったら、
やがて街頭のひとつもない峠にでたんだよね。もうなれない道と灯りひとつもない
道に路面状況で手一杯の自分。

急に彼女が泣き出したんだよね。『早く、ここからでたいよぉ』とかいって
『あぁ暗いの怖いんだ』とか思いつつ路面ばっかみて走っていました。
・・。でも泣き方が尋常じゃないんだよね。おれも対向車線が一台も来ないし
なんか異様な感じしていました。

やっと明るい所にでて、聞いたら。
『右側に石碑かお墓みたいのがあって、そこに黒い影が大きいのと小さいのが二つ
あってこっちをずっとみてしばらく追いかけてきた』て話すんだよね。
おれは前の路面ばっかみていて気がつかなかったんだけど・・・。

帰りナビを元の道頓堀にセットしたら、さっき来た道じゃなくて普通の明るい道を示したんだよね。
なんかに招かれたんですかねぇ・・・。

地元の方いたら教えて頂きたいんですけど、そんな道の話聞いたことありますか?
関連記事
2017-10-06 10:03 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム